お知らせ

桜の花がピンクに見えない時

2018.03.25

東京ではソメイヨシノが満開を迎えました。どこを歩いていても桜のピンクが目に映えます。1年の中でももっとも心が華やぐ時期です。日本に生まれてよかったと心から思えるのはこの季節をおいて他にありません。

 ところがこの美しい桜を見ても気持ちが浮かない場合があります。それはうつ病にかかっている時です。うつ病の特徴として楽しいことが楽しめないという症状があります。美しいものを見ても美しく思えない、おいしいものを食べてもおいしくないなど何事にも感動しなくなってしまいます。周囲の人が喜んでいてもうれしいという感情が出てこない。それがうつ病の本質の一つです。 

 私自身も満開の桜を見て感動しなかった年が1回だけありました。それは20年前に横山クリニック を開院した年です。桜のピンクが桜色に感じられないのです。色彩のないグレーに見えてしまう。心にウキウキした気分がわき起こらない。体が重く疲れが抜け切らない。この時は開業準備でへとへとになっていた時です。これがうつというものなのかと実感しました。数ヶ月間開業準備で休みも取らずに仕事をしたツケがまわってしまったようでした。仕事で疲れきった人の気持ちがわかるように思えました。今では自分自身でうつを体験したのは良い体験であったのかもしれないと思っています。

Information 医院案内

医療法人社団横山クリニック

東京都豊島区南大塚3-32-10
今井保全ビル1F
JR山手線「大塚」駅 南口より徒歩1分

  • クリニックのカウンセリング
  • 即日結果がわかる脳波検査
  • 診療費のご案内 Medical expenses
  • スタッフ紹介 Doctor & Staff
  • アクセス情報 Access information